膨らむ癖毛の負のスパイラル

髪の毛が癖毛で多くて膨らんで困ってる方は美容室に行くと「すいて軽くして!」とオーダーされる事が多いのではないでしょうか?

すいて軽くするとその瞬間は収まりが良いのですが、少し伸びただけですいた時に出来た短い髪の毛が立ち上がり、長い髪の毛を持ち上げて余計にボリュームが出てしまいます。

短い毛はストレートアイロンでも挟みきれなかったりするのでご自身でボリュームダウンさせようとしてもなかなか上手に出来ないので美容室に行ってまたすく、、、という流れになってしまいます。

過剰にすくとダメージにも繋がり、ダメージにより癖がひどくなる事もありますし、髪と髪の間に隙間が空くので癖による動きが強調されてしまい、ドライヤーで一生懸命ブローすると髪の毛が過度に乾燥して膨らむ、、、まさに負のスパイラルなのです。

癖毛で膨らんで困ってる方はたぶんご自身の髪の毛がとても多いと感じていると思いますが、実は癖で膨らんで多いと感じているだけで、実際は見た目から感じるボリューム感より毛量自体は少ない事が多いです。

膨らむ癖毛を手っ取り早くボリュームダウンさせようと思うと縮毛矯正が1番効果的で、すくのをやめて縮毛矯正をかけると意外と髪の毛が多くなく、すいてる分髪の毛が予想以上に薄い事にビックリされる方が多いです。

そして、すきすぎていると縮毛矯正の持ちが悪いのでそこから厚みを出していく事になります。

ヘアスタイルは適度な厚みがないと安定感が悪くなるので、ヘアスタイルを作る時には適度な毛量が絶対必要です。

なので、過度にすかなければ髪の毛が収まらないような場合はすきバサミに頼るのではなく、髪質自体を変えてボリュームダウンをする方法を考えなければなりません。

縮毛矯正は1番収まりがよいのですが、ヘアスタイルによっては動きがなくなり過ぎたりする場合があります。

その場合は縮毛矯正よりもナチュラルな質感矯正やボリュームダウンパーマというメニューもあり、髪質やヘアスタイルによって1番合うボリュームダウン方法を選べますので、すき過ぎ負のスパイラルから抜け出して根本からの解決を考えましょう。

お客様にとって1番最適なボリュームダウン方法をご提案させていただきますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

pagetop